小山市 茨城県古河市 BMW エンジン関連 修理・整備・メンテナンス カワマタ商会グループKレボリューション

画像

BMW 116 i
エンジン 修理・整備
メンテナンス

BMW 116 i エンジン・オーバーヒート チェックランプ警告灯点灯 エンジン・冷却水LLC水漏れ修理・整備・メンテナンス。茨城県土浦市にセフティーローダー引き取り作業。
茨城県古河市のN様 ご依頼ありがとうございます。

 BMW 116 i エンジン・オーバーヒート チェックランプ警告灯点灯 エンジン・冷却水LLC水漏れ 修理・整備・メンテナンス。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2015

☝️必ず知りたいBMW修理・整備・メンテナンス 情報が きっと見つかる。

茨城県古河市のN様 ご依頼ありがとうございます。
BMW116 i エンジンがオーバーヒートした様なので土浦市まで引き取りにきて欲しい。との ご要望です。キャリアカーで急遽向かいました。小山市からは結城市 筑西市 下妻市 つくば市を通ってトラブルの現場に到着しました。

引き取ってきたBMW116 iピットに入れてボンネットを開けてラジエーターに圧を掛けをエンジン・下廻りを点検した結果ターボチャージャーを冷やす ウォーターラインのOリングからの水漏れを発見しました。経年劣化した Oリングを 新しい部品に交換し水漏れ オイル漏れ を 再度確認して 作業完成しました。今回のトラブルもBMW製 ダウンサイジング・エンジンの弱点と言うかお決まりのトラブルですね。ターボチャージャーの熱によるトラブルばかりが目立つBMW製 ダウンサイジング・エンジン。プジョーやシトロエンに搭載されているBMW製 ダウンサイジング・エンジンも同じトラブルが目立ちますね。酷い場合はターボに近いシリンダーのバルブシールを熱により劣化が激しくなりオイルを食べる様になり エンジン・ヘッド オーバーホールが必要になったり と トラブルが多いエンジンだなぁ〜と 思うのは自分だけでは無い。と 思うほど トラブルが多いです。

BMWの新車販売・中古車販売・車検整備・板金塗装 も 当社にお任せください。

長年の知識 積み上げてきた技術 ノウハウ 最新のコンピューター診断機 に より オールド BMW 最新 BMW まで お客様 本意 の 車検整備・修理 メンテナンス を 提供します。ディーラーでは取り扱われ無い 並行輸入パーツ 社外パーツ も ご用意いたします。当社は お客様の持ち込みパーツ部品もOKです。中古部品 や リビルド部品 リンク品 を 使用し 少しでも リーズナブル な 車検整備・修理 と 考えています。車検切れ 不動車 の 引き取りも お任せください。緊急事態の時も当社セフティーローダー(2台)完備しておりますので お気軽にご相談ください。故障車・事故での不動車 自動車保険対応 レッカーサービスもご相談ください。当社登録レンタカー・各社レンタカーもご用意いたします。

BMW 1シリーズ(BMW 1 Series, BMW 1er)
ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売している自動車です。
2代目(2011年 - 2019年)F20型
2011年6月5日に発表されてました。欧州市場では同年秋から販売を開始しました。先代よりホイールベースを30 mm延長し2,690 mmとなりました。全車アイドリングストップ機構を搭載してます。またブレーキ・エネルギー回生システムを採用し燃料消費量の低減をはかっています。さらに メルセデス・ベンツ・W220が最初に導入し世界中のメーカーが追従していたウインカー内蔵ドアミラーをBMWで初めて採用しました。ボディは当初は5ドアのみで ガソリン車は「116i」と「118i(日本では120i)」ディーゼル車は「116d」「118d」「120d」があり それぞれに標準 Sport Line(日本ではSport)Urban Line(日本ではStyle)の3タイプがラインナップされました。それぞれ外観 内装 装備内容が異なります。2012年5月には3ドアバージョンと「114i」「M135i」を追加。3ドアのモデルコードはF21。また中国専売のセダンタイプも存在するようです。「M135i(LCI後はM140i)」以外の全車にランフラットタイヤを標準装備しています。日本では2011年9月22日から「116i」「120i」の販売が開始されました。エンジンはどちらも同じN13B16A型1.6 L直列4気筒ターボエンジンで出力のみ異なるようです。日本仕様は全て右ハンドル仕様です。トランスミッションは新開発の8速ATのみ。SportにはMスポーツ・サスペンションをメーカーオプション設定。非装着車の最低地上高が140 mmなのに対し 装着車は125 mmと低くなります。2012年8月1日から「M135i」の日本での販売が開始されたました。エンジンは初代と同形式のN55B30A型だBMW Mによる更なるチューニングがなされ14 psアップの320 psを発生します。日本仕様ではトランスミッションは8速スポーツATのみ。「M135i」は M Performance Automobiles(M3やM5などの「BMW Mモデル」と標準モデルとの間に位置するモデル)の日本における最初のモデルとなります。なお 先代にあったクーペ及びカブリオレは2シリーズとして登場することから用意されませんでした。2015年にはフェイスリフトが施され フロント及びリアの意匠が改良されたほか 新開発の直列3気筒エンジンを搭載したモデルが追加されました。日本向けには2015年5月14日にフェイスリフトモデルの発表が行われ「118i」「120i」「M135i」の3モデルが用意されました。当初「118i」はフェイスリフト前の「116i」と同じ4気筒エンジンを搭載していましたが 2015年8月24日に「118i」のエンジンを3気筒エンジンに切り替えることが発表されました。2016年5月 日本市場にディーゼルエンジン搭載モデル「118d」が追加投入されました。2017年8月23日 日本仕様マイナーチェンジを行いました。内装をよりモダンで洗練されたデザインに一新されました。ハイグロス・ブラックを使用した新デザインのセンター・コンソールや 新作のインスツルメント・パネルを採用し トリムに上質なクロームメッキ加飾を追加しているのが特徴です。新デザインのグローブ・ボックスやセンター・コンソールを採用していて その周辺パネルの継ぎ目を最小限に抑えることにより室内空間をより広くワイドな印象にしています。素材も高品質なものへ変更され 質感も向上させていますね。装備面においては ユーザーの利便性を向上させるため タッチ・パネルに対応したコントロール・ディスプレイを採用しました。また HDD ナビゲーション・システムのメニュー画面が 先行している他シリーズ同様により見やすくなり 操作しやすい表示へ改良されましたね。

F20(2011年 - 2015年)
グレード型式排気量 (cc)エンジン最高出力 (ps/rpm)最大トルク (kgm/rpm)変速機駆動方式。
116iN13B16A1,598直列4気筒DOHCターボ136/4,400-6,45022.4/1,350-4,3008速AT後輪駆動。
120i170/4,800-6,45025.5/1,500-4,500M135iN55B30A2,979直列6気筒DOHCターボ 320/5,80045.9/1,300-4,500F20LCI
(2015年 - )
グレード型式排気量 (cc)エンジン最高出力 (ps/rpm)最大トルク (kgm/rpm)変速機駆動方式。
118i( - 2015年8月)N13B16A1,598直列4気筒DOHCターボ136/4,400-6,45022.4/1,350-4,3008速AT後輪駆動
118i(2015年8月 - )B38B15A1,498直列3気筒DOHCターボ136/4,40022.4/1,250-4,300118d
(2016年 - )B47D20A1,995直列4気筒DOHCディーゼルターボ150/4,00032.6/1,500-3,000120i
( - 2016年)N13B16A1,598直列4気筒DOHCターボ177/5,00025.5/1,500-4,500120i
(2016年 - )B48B20A1,998184/5,00027.5/1,350-4,600M135i
( - 2016年)N55B30A2,979直列6気筒DOHCターボ326/5,80045.9/1,300-4,500M140i
(2016年 - )B58B30A2,977340/5,50051.0/1,520-4,500

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!