小山市 茨城県結城市 Ferrari 駆動系 修理・整備・メンテナンス カワマタ商会グループKレボリューション

画像

  • HOME
  • 修理・整備
  • 茨城県結城市 Ferrari 駆動系 修理・整備・メンテナンス

Ferrari 360 modena
F1 クラッチ修理・整備
メンテナンス

フェラーリ360モデナF1 クラッチ・
オーバーホール ミッション脱着作業。
茨城県結城市のO様 ご依頼ありがとうございます。

 Ferrari 360 modena F1 フェラーリ 360モデナ F1 クラッチ・オーバーホール 修理 整備。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=3010

☝️必ず知りたいフェラーリ修理・整備・メンテナンス 情報が きっと見つかる。

茨城県結城市のO様 ご依頼ありがとうございます。
フェラーリ360モデナF1 走行中 クラッチが滑り気味なので点検して欲しい。との ご要望です。

お預かりしたフェラーリ360モデナF1にコンピューター診断機を接続しました。今回使用するコンピューター診断機はTEXA車両診断システムになります。
TEXAテスター診断によりクラッチ残量が20パーセントを切っているのを確認したので お客様とご相談の結果 クラッチをオーバーホールする事になりました。
フェラーリ360モデナF1をリフトアップしアンダーカバー マフラー ミッションを脱着しての作業になります。

フェラーリF355 F1 から比べると性能の面で かなり進化していますがトラブルと出費は多額ですね。

F1 マチック の 主なトラブル
①F1マチックポンプ
これが一番F1マチック故障の原因としては多いと思います。
この場合F1マチックのポンプ交換が必要になります。
②アクチュエーター故障
部品代が新品だと数百万と高額修理になります。
壊れた場合には中古品を探すのが得策です。
③F1マチックセンサー関係トラブル
イタリア車のウィークポイント センサートラブル。
ポジションセンサーが壊れると高額修理になります。
④異常高温によるトラブル
クラッチを滑らしすぎると異常高温になりセーフティモードに入り警告が点灯します。

Ferrariの新車販売・中古車販売・車検整備・板金塗装 も 当社にお任せください。

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!