小山市 イギリス車 車検整備 カワマタ商会グループKレボリューション

画像

イギリス車 車検整備

McLaren

LOTUS

BENTLEY

Rolls-Royce

BMW MINI

Jaguar Daimler

Morgan

MG

Triumph

栃木県小山市より 茨城県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 全国 に 納車引取致します。

 Morgan モーガン 車検 整備 修理。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2535

茨城県結城市のU様 ご依頼ありがとうございます。
モーガン 車検 整備 修理。
アイドリング不調はキャブレター調整で直りました。

モーガン(Morgan Motor Company)
イギリスの少量生産のスポーツカーのメーカーのひとつです。モーガン 1963年型リアビューモーガン・エアロスポーツ1927年工場内1工場内2車体の一部は木製プラス8に積まれる4000cc V8エンジン1913年 イングランド ウスターシャーのマルヴァーンにて設立され 現在も同地にて創業者一族らによる家族経営が継続されています。従業員は約150名ほどで運営されています。

 LOTUS ロータス エリーゼ 111 車検 整備 修理。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2545

栃木県宇都宮市のS様 ご依頼ありがとうございます。
ロータス エリーゼ 111 車検 整備 修理。
下回り エンジン ブレーキ 等 異常な箇所はありませんでした。
エンジン・オイル交換 MOTUL モチュールオイル 300V CHRONO 10W 40 使用。
ブレーキ・フルード オイル交換Ωmega オメガ SUPER BRAKE FLUID 697 使用。


LOTUSELISE
ロータス・カーズが設計開発し販売している ライトウェイトスポーツカーです。エリーゼは1995年のフランクフルトショーでデビューしました。翌1996年から販売が開始され エンジンのバリエーションや派生車種の追加などを受けながら 2001年にモデルチェンジされました。このモデルチェンジを境にフェイズ1とフェイズ2 あるいはマーク1(Mk1)とマーク2(Mk2) シリーズ1(S1)とシリーズ2(S2)のように呼び分けられるようになりました。2004年にはトヨタよりエンジンの受給を開始し さらにモデルバリエーションが増やされた。2010年に再びフェイスリフトが行われ、搭載されるエンジンやトランスミッションが変更されました。
エリーゼの特徴はアルミ合金製の部材を航空機にも利用される接着剤で組み立てたバスタブフレーム FRP製の外装によって実現された軽量な車体にあります。アルミシャシーの組み立てにリベットを使用せず 航空機製造用のエポキシ系の接着剤を用いることにより フレーム・ボディー剛性を確保して組立て精度を向上しながらシャシー単体で68kgと軽量化に仕上がっています。シャシーのフロント部初期ロットのエリーゼはエンジンベイ、リヤハブキャリアもアルミで作られている。ブレーキローターには量産車初のアルミ(メタルマトリックス)ディスクを使っていました。1998年以降のロットにおいてはアルミディスクの供給会社が倒産したため通常のスチールに変更されたほか その他のアルミ部品もスチール製に変更されて 少なからず重量が増加しているようです。「フェイズ1」や「シリーズ1」などのように通称される最初期のモデルではエアコンやパワーステアリング ブレーキブースターなどが省略され 車重は公称690kg程度の重量しかありません。2012年現在のモデルはエアコンやカーオーディオ エアバッグなどの衝突安全装備などを搭載して 900kg程度と多少重たくなりました。またハンドリングにも優れており軽量なアルミ製シャシーが支えるタイトな走りはレーシングカーさながらの走りが楽しめます。

 ベントレー フライングスパー 車検 整備 バッテリー交換 LEDランプ配線 修理。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2525

茨城県結城市のH様 ご依頼ありがとうございます。
ベントレー コンチネンタルフライングスパー 車検 整備 修理。
サブ・バッテリーが経年劣化のため交換しました。

フライング スパー(Flying Spur)
イギリスのベントレーによって製造・販売されている最高級セダンです。

2013年2月、ジュネーブモーターショーで発表され。車名は 前モデルのネーミングから コンチネンタル が外れ ベントレー・フライングスパーとなりました。エンジンは先代と同じく6リッターW12ツインターボで 最高出力は625ps 最大トルクは81.6kgm の はいパワーを誇ります。

 BMW ミニ 車検 整備 エンジン不調 スロットルボディー交換 修理。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2524

栃木県宇都宮市のH様 ご依頼ありがとうございます。
BMW ミニ 車検 整備 修理。
エンジン・チェックランプ点灯 警告灯が表示していたのでテスター診断をしました。スロトルボディーの故障が原因でした。

MINIの歴史
ミニのデビューは1959(S34)年。英国ローバー社の前身であるBMCからオースチンセブンとモーリスミニマイナーの名でリリースされたのが始まりだ。その後、数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、約40年間にわたって生産され続ける。2001(H13)年にはBMWブランドのニューミニが登場。開発はBMW側と旧ローバー側のスタッフが共同で行い、生産は英国のオックスフォード工場が担当している。

 ジャガー X 車検 整備。エンジン回りを点検の結果 エンジン・オイル漏れと冷却水漏れを確認し修理しました。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2510

栃木県小山市のS様 ご依頼ありがとうございます。
ジャガー 車検 整備 修理。
エンジン・オイル漏れ 冷却水漏れを修理・整備するにあたりインテークマニホールドとタペットカバーを脱着しての作業になりました。

JAGUAR
イギリスを代表する高級ブランド。創業当時から高級車を発表し イギリスのみならずアメリカでも販売が成功していましたが 1970年代から販売が低迷。その後フォード傘下に入り インドのタタモーターズの傘下に入りながらも イギリス王室の公用車として使われるなど ブランドイメージは高く評価されています。

 ランドローバー 車検 整備。タイミングベルト テンショナーウォーターポンプ 交換作業 と オイル交換 も 同時に行いました。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2550

栃木県小山市のI様 ご依頼ありがとうございます。
ランドローバー 車検 整備。
下廻りブレーキは異常な箇所はありませでした。
ランドローバー フリーランダーのタイミングベルトを交換するにはインテークマニホールドを脱着しなければなりません。オルタネーターやバッテリーも脱着しての作業になります。

ランドローバー(Land Rover)
高級四輪駆動車を専門とする 英国の自動車メーカー・ブランド。2019年現在は インド・タタ自動車の子会社で運営しています。当初はローバー製多目的車の車名であり その後は同社のオフロード車~SUVを包括する部門名/ブランド名となっていたようです。現在はジャガーとともにインド・タタ・モーターズ傘下のジャガーランドローバーの一部になります。

 Daimler デイムラー DS420 リムジン 車検整備 F・ディスクパット交換作業。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2511

茨城県結城市のK様 ご依頼ありがとうございます。
ディムラーDS420リムジン 車検 整備 フロント・ディスクパッド交換作業。
下回り エンジン 異常な箇所はありませんでした。
エンジン・オイル交換 Ωmega オメガ エンジン・オイル seven 10w40 使用。
ブレーキ・フルード オイル交換Ωmega オメガ SUPER BRAKE FLUID 697 使用。

デイムラー・DS420(Daimler DS420)は、イギリスの高級車メーカー、デイムラーが1968年から1992年まで製造していた4ドアリムジンである。
この車はイギリス国内の王室・貴族をはじめとする上流階級または政府・企業向けなどを主に想定し 運転手(ショーファー)が付き オーナーは後席に乗る車として設計されています。イギリス製高級リムジンの典型となる車種であり イギリス連邦関連市場に最適化された極めてドメスティックな存在です。装備品 そして内装トリムの色や種類は多く それらはオーナーの好みや目的により多岐に渡る選択と組み合わせが可能でした。また、シートの素材も、本革・布・そして営業用送迎車を想定したビニールが選択できました。それらに対しボディカラーの選択肢は狭く、標準色は2色のみ(黒とグレー)。オプション色を入れても6色に過ぎず、それ以外はすべて特別注文とななっていました。22年に及ぶ製造期間のうち、改良は多岐に渡るが、外観の変更は少なく、バンパーや前部ランプ類などに目立つ違いが見られる程度の変更でした。

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 車検・法定点検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!