小山市 栃木県宇都宮市 Jaguar 燃料系修理・整備・メンテナンス カワマタ商会グループKレボリューション

画像

Jaguar XJ6
燃料系修理・整備
メンテナンス

ジャガー XJ6 エンジンが始動しない … 点検の結果 フューエルポンプ 燃料ポンプ の 経年劣化が原因でした。
栃木県宇都宮市のK様 ご依頼ありがとうござます。

Jaguar 新車販売・中古車販売・車検整備・高価買取り・板金塗装 当社にお任せください。




 Jaguar XJ6 ジャガー XJ6 エンジンが始動しない … 点検の結果 フューエルポンプ 燃料ポンプ の 経年劣化が原因でした。宇都宮市のK様 ご依頼ありがとうござます。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2510

☝️必ず知りたいジャガー修理・整備・メンテナンス情報が きっと見つかる。

栃木県宇都宮市のK様 ご依頼ありがとうございます。
ジャガーXJ6 セルモーターは回るけどエンジンが始動しない。との ご依頼になります。
不動車なので当社セフティーローダーの出動です。栃木県那須烏山市にある保管場所に引き取りに向かいました。上三川町〜真岡市〜矢板市〜那須烏山市の保管場所に到着。セフティーローダーを下げて装備しているウインチでジャガーXJ6を引き上げ作業を行いました。

ジャガーXJ6を点検の結果 フューエルポンプの経年劣化が原因でした。左右にポンプが装着されていますが両方固着してました。
SUキャブレターを装着したジャガーXJ6 SUキャブレターのオーバーホールも当社にお任せください。
当時のジャガーはガソリンタンクの内部がよく錆びてフューエルラインの詰まりやガソリン漏れを起こしますのでガソリンタンク内部のコーティングをお勧めします。
希少価値の高いジャガーXJ6 今後も大切に乗られますようにサポートさせて頂ければ幸いです。
当社は クラシックカー ヴィンテージカー 旧車 の 整備修理 フルレストア も得意としております。
遠方でトラブルが発生した場合にも 当社2台体制のセーフティーローダーで引き取りに参りますのでご安心ください。

Jaguarの新車販売・中古車販売・車検整備・高価現金買取り・板金塗装 も 当社にお任せください。

長年の知識 積み上げてきた技術 ノウハウ 最新のコンピューター診断機 に より オールド ジャガー 最新 ジャガー まで お客様 本意 の 車検整備・修理 メンテナンス を 提供します。ディーラーでは取り扱われ無い 並行輸入パーツ 社外パーツ も ご用意いたします。当社は お客様の持ち込みパーツ部品もOKです。中古部品 や リビルド部品 リンク品 を 使用し 少しでも リーズナブル な 車検整備・修理 と 考えています。車検切れ 不動車 の 引き取りも お任せください。緊急事態の時も当社セフティーローダー(2台)完備しておりますので お気軽にご相談ください。故障車・事故での不動車 自動車保険対応 レッカーサービスもご相談ください。当社登録レンタカー・各社レンタカーもご用意いたします。


ジャガー・XJシリーズI
スタイリングはウィリアム・ライオンズが手がけています。イメージは従前の420Gに似ていますね。内装は従前通りウォールナットと本革で仕立てられています。ただし安全性向上のためダッシュボード上端には厚いパッドが内蔵され センタースイッチはトグル式からピアノキー型に変更されています。XJ6シリーズI[編集]1968年、Sタイプ、420、240/340の後継車との位置づけ[1]で発売された。サイズは全長4,810mm[1]、全幅1,770mm[1]、全高1,340mm[1]、ホイールベース2,760mm[1]とやや拡大[1]された。車両重量は1,539kg[1]とSタイプや420との比較[1]では軽量化され、運動性能も非常に高かった[1]。このモデルの登場によりジャガーのサルーンのラインナップは1970年まで生産が続けられた420Gを除き1本にまとめられることになった。直列6気筒DOHCのXKエンジンで2.8リットルと4.2リットルの2種類が設定された。2.8リットルは内径φ83.0mm×行程86mmで2,792 cc[注釈 1]、180hp/6,000rpm[1]。4.2リットルは420やEタイプから踏襲された内径φ92.1mm×行程106mmで4,237 cc[注釈 2]、245hp/5,500rpm[1]。トランスミッションは4速MTまたは3速ATの組み合わせ[1]。サスペンションは前がダブルウィッシュボーン+コイル、後ろがEタイプから踏襲したロアーIアームとアッパーアームを兼ねるドライブシャフト、トレーリングリンクで位置決めして左右2個ずつのコイル/ダンパーで吊る形式を採用した[1]。ただし後ろサスペンションシステムをサブフレームに取り付け、ボディとサブフレームの間にラバーブッシュを介して雑音や振動を遮断している[1]。タイヤは、当時としては極端に太くロープロファイルのラジアルをダンロップと共同開発して装着した[1]。ロールス・ロイスを凌ぐ程の静粛性快適性と、サルーンとは思えない運動性を高度に両立して高い評価を受けた

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!