小山市 Lotus 修理・整備・メンテナンス 一覧 カワマタ商会グループKレボリューション

画像

LOTUS
修理・整備
メンテナンス 一覧

栃木県小山市より 茨城県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 全国 に 納車引取致します。

Lotus 新車販売・中古車販売・車検整備・板金塗装 当社にお任せください。

2-イレブン 3-イレブン 340R エキシージ エキシージSロードスター エスプリ エラン エランクーペ エリーゼ エリート エヴォーラ ヨーロッパ

 LOTUS ロータス 修理・整備・メンテナンス一覧
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2545&pg=1

☝️必ず知りたいロータス修理・整備情報が きっと見つかる。

2001年から十数年 ロータス正規代理として 新車・中古車販売・メンテナンスと携わり 初代エキシージのディーラー車販売台数は日本一の販売実績もございます。
メンテナンスに関しては LOTUS SCAN 等 専用のコンピーターテスター診断機を完備し マニュアル パーツリスト も 豊富に揃えております。

ロータスでのサーキット走行をお考えの方のご相談も承ります。
サーキットの狼 で 有名な 池沢早師先生 も 当社ロータスエリーゼ・レーシングカーでドライバーとしてレースに参戦し走っていただいてました。
オリジナル・レーシングパーツ 社外レーシングパーツ も 取り扱っております。


歴代ロータス車 セブン エリート エラン ヨーロッパ エクラ エスプリ エクセル エリーゼ エリーゼスポーツ 340R エキシージ ヨーロッパS 2-イレブン エボーラ 等 車両の販売 買取り 車検 整備 修理 板金塗装 当社にお任せください。

Lotusの新車販売・中古車販売・車検整備・板金塗装 も 当社にお任せください。

ロータス・カーズ(Lotus Cars)
イギリス・ノーフォークのヘセル(Hethel)を拠点とするスポーツカーメーカーです。ライトウェイトスポーツモデルが主力車種ですが 過去にはスーパーカー(エスプリ)も製造しておりました。近年では電気自動車(エヴァイヤ)も製造しています。
会社組織の本体はグループ・ロータス(Group Lotus plc)であり 乗用車の製造・販売を行うロータス・カーズ(Lotus Cars Ltd.)またその傘下に自動車技術に関するコンサルタント業を行うロータス・エンジニアリング(Lotus Engineering)部門があります。1996年以降 マレーシアの国有自動車会社プロトンの子会社となり 2017年5月に中国の吉利汽車がロータス・カーズの株式の51%を取得しました。

F1マシーン JPSカラーに憧れました。
ロータスのレース活動は1954年に発足したチーム・ロータスが行っていました。グループ・ロータスの中でもチャップマンの家族経営的な組織に位置づけられていたようですね。グループ内でレーシングカー開発・製造を行っていたロータス・コンポーネンツは1971年に閉鎖され スタッフはシャシーコンストラクターの「グループ・レーシング・デベロップメント (GRD) 」を設立しました。1982年のコーリン・チャップマンの死後は 遺族はグループ・ロータスを売却したが チーム・ロータスは手元に残されました。その後、チャップマン家はチーム運営からも手を引きます。1992年に長男のクライブ・チャップマンがヒストリックレーサーのメンテナンス事業を行う「クラシック・チーム・ロータスを設立しました。チーム・ロータスは資金難により1994年に消滅しました。グループ・ロータス(ロータス・カーズ)のレース活動としては、1997〜1998年のFIA GT選手権にエリーゼGT1が参戦し ル・マン24時間レースにも出場しました(チーム名は「ロータス・レーシング」)。2009年にダニー・バハーが新CEOに就任すると、積極的にモータースポーツに関与するようになりました。バハーは以前レッドブルのF1計画に関わっており フェラーリでブランドイメージ戦略を担当した経験を持っています。また、モータースポーツディレクターにはスクーデリア・フェラーリの元広報部長だったクラウディオ・ベロが就任しました。活動として 既存チーム(メーカー)への支援もしくは提携という形で レース分野を幅広くカバーしているのが特徴ですね。車体は1960年代のブリディッシュ・グリーン&イエローのワークスカラーか 1970〜1980年代のJPSカラーを思わせるブラック&ゴールドにペイントされ、名門ロータスの再生をアピールしていました。
インディカー2010〜2011年にはインディカー・シリーズのKVレーシング・テクノロジーのスポンサーとなり 佐藤琢磨のマシンがブリティッシュ・グリーンに塗られました。2012年にはジャッドと提携してインディカーにエンジンサプライヤーとして参入し ブランド大使を務めるジャン・アレジがインディ500にスポット参戦しました。しかし エンジンが競争レベルになく 1年限りで撤退しました。F1F1では2011年にルノーのメインスポンサーになり チーム名は「ロータス・ルノーGP」とされた。その一方で、新生チーム・ロータス(翌2012年からケータハムF1チームに変更になり 対して「ロータス」の名称使用停止を求める訴訟を起こしました。ロータス・ルノーGPは2012年よりロータスF1チームへ改称したが 同年4月にグループ・ロータスがスポンサーを降りることが決まりました。ただし 少なくとも2017年まではロータスの名を用いるとされていたものの 資金難により2015年のシーズン終了後にルノーに買収されたため「ロータス」の名称は再びF1から消滅しました。GP2・GP3ARTグランプリと協力し、2011年より「ロータス・ART」の名でGP2とGP3に参戦していました。スポーツカー2011年のインターコンチネンタル・ル・マン・カップ(ILMC) のLM-GTE Proクラスに「ロータス・ジェットアライアンス」のエヴォーラが参戦しました。2012年はコリン・コレス率いるコデワと組んでFIA 世界耐久選手権(WEC) のLMP2クラスに参戦(シャシーはローラB12/80、エンジンはBMWベース。2013年にオリジナルシャシーT128を出走させました。

ロータス 市販車での成功
エランの成功
タイプ26(エラン)ロータス・カーズは確実に利益をもたらす商品を一刻も早く開発する必要に迫られていました。このような状況下、新たに市販モデルのエンジニアとしてロータスに入ったロン・ヒックマンにより タイプ26エランが生み出されました。当初ロータス・カーズはセブンの置き換えを想定しておりましたが その新型スポーツカーとエリートとのラインナップを予定していたのです。シャシデザインもエリートのFRPモノコックの流用を予定していましたが 開発を急ぐ必要があったことにより エリートでのトラブル状況から断念を余儀なくされました。ヒックマンはFRPフルモノコックに変わる新しいシャシデザインとして プレス鋼板を溶接によって組み立てたバックボーンフレームにエンジン トランスミッション サスペンションなどの主要ASSYをレイアウトし それらの応力を負担しないFRPのボディをかぶせるデザインを考案しました。バックボーンフレームシャシは セブンのスペースフレームに比較して圧倒的に製作時間を短縮できるようになり なによりも精度を容易に確保することができました。この生産性の向上こそ この時ロータス・カーズに最も求められていた要素です。バックボーンフレームの採用により開発は順調に進み 本格的な開発開始からわずか2年後の1962年には量産がスタートしていまする。1962年のアールズ・コート・モーターショーに出品されたエランは 完成車で1,495ポンド キットカーフォームで1,095ポンドと発表されました。そのセブン並の価格は大いに話題となりました、オーダーは順調に延びていきました。エランはシリーズ4まで発展し 1973年まで12年に渡って販売されました。総数12,000台以上がデリバリーされました。エランで確立したバックボーンシャシデザインは この後35年に渡って全ロータスプロダクションモデルの基本デザインとして採用されることになりました。エランは北米にも多数が輸出され ロータスは国際的に認知度を高めました。また その生産性の高さは製造コストを抑え 安定した利益をロータスにもたらしました。

2-イレブン 3-イレブン 340R エキシージ エキシージSロードスター エスプリ エラン エランクーペ エリーゼ エリート エヴォーラ ヨーロッパ

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!