小山市 フェラーリ348タイミングベルト・オイル漏れ修理・クラッチOH カワマタ商会グループKレボリューション

サブページメイン画像

Ferrari 348Spyder
フェラーリ348スパイダー
V8EGタイミングベルト交換
エンジン・ヘッド廻りオイル漏れ修理
クラッチ・オーバーホール
クラッチ・プレート張替作業

長年エンジンを掛けてないのでタイミングベルトだけを交換してほしい との ご依頼です。埼玉県深谷市M様 ご依頼ありがとうございます。

栃木県小山市より 東京都 埼玉県 千葉県 群馬県 茨城県 福島県 全国に 引取・納車致します。

 Ferrari 348 Spyder フェラーリ348スパイダー V8エンジン タイミングベルト交換 エンジン・ヘッド廻りオイル漏れ修理 クラッチ・オーバーホール クラッチ・プレート張替作業。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=3010

☝️必ず知りたいフェラーリ修理・整備・メンテナンス 情報が きっと見つかる。

長年 エンジンを掛けていないので タイミングベルトだけを 交換してほしい。との ご依頼です。
埼玉県深谷市よりキャリアカーで運ばれて来ました。

リトアップし タイミングベルトを交換する為に エンジンを下ろす作業に取り掛かりました。

 エンジンが下りたので各部の点検をしました。

タイミングベルトカバーを外し内部を点検。 ウォーターポンプ テンショナにガタがない事を確認。 エンジン・ヘッド廻りからのオイル漏れを確認。 お客様に報告し相談の結果 タイミングベルトのみ交換 エンジン・ヘッドオイル漏れは修理する事になりました。

 他社で カム廻りのオイル漏れ修理をしているようです。

タペットカバーを外し カムシャフトを外して カムシャフトホルダーのOリングを交換作業を行おうとしたところ Oリング廻りをコーキング剤を塗ってオイル漏れを止めようとしている事を確認。このコーキング剤を剥がすのに一手間掛かりました。

 今回お客様とご相談の上ご用意したエンジン関連の部品になります。

タイミングベルト カムシール カムシャフトホルダー・Oリング カムエンドカバーガスケット カムカバーガスケットを用意し タイミングベルト交換 エンジン・ヘッド廻りオイル漏れ修理を行いました。

 クラッチ・オーバーホール ケースを外して内部を点検。

クラッチプレート プレッシャープレートを点検しようとしたところ サビで固着しなかなか外れませんでした。レリーズベアリング関連 プレッシャープレートは点検した結果 問題は有りませんでした。クラッチプレートは板の減りと劣化が見受けられます。

 クラッチプレート単体では部品が供給されないので 板を張り替えることにしました。

プレッシャープレートとクラッチプレートのセットで部品が供給されているので高価な価格になります。ちなみに30万円オーバーです。

【修理作業明細】

タイミングベルト他交換一式
アンダーカバー・リアインナーフェンダー脱着
エンジンフード脱着
エアクリーナー&エキゾーストパイプ脱着
エキゾーストパイプ・ネジ劣化固着修理
室内カバー& ECU脱着
エンジン本体&トランスミッション本体脱着
ドライブベルト他脱着
左右バンク・タペットカバー脱着
各シール劣化・固着有
タイミングベルト外交換
エンジンオイル交換
クラッチ&ブレーキフルード交換&エア抜き
冷却水(LLC)補充&エア抜き
バッテリー交換(部品持ち込み)
クラッチディスク脱着(クラッチサビ固着)
以上 技術料427500円

交換部品
タイミングベルト 132843 11700円
右カムカバーガスケット 150078 18100円
カムシール 134714 3050円×4
カムシャフトホルダー・Oリング 117275 680円×4
カムエンドカバーガスケット 150075 4560円×2
左カムカバーガスケット 150084 20400円
カムエンドカバーガスケット 15074 3830円
フェーズセンサーシール 149917 3750円
フェーズセンサーガスケット 150076 3340円
エンジンオイル MOTUL Hプライム 5w-40 1680円×10
オイルパン・ドレンパッキン 400円×2
冷却水(LLC) 1000円×8
ハイオクガソリン× 20リッター 177円×20

技術料合計427500円 部品代合116300円 消費税54380円
総合計額598180円

Ferrari 348 Spyder
1993年2月にフルオープンボディの「348スパイダー」が追加発売されました。オープンボディーになった以外の外観上の識別点は 前期モデルと後期モデルとの違いと同じで 前後バンパー下部とサイドシル下部がボディ同色に変更されたことや リップスポイラーが装着されたこと 前後グリルにクロム素材のカヴァッリーノ・ランパンテ 跳ね馬エンブレム が装着されました。フロントグリルが淵付きの物になり縦のフィンが9本 348tb/tsは5本 になったことと エンジンフードの色が赤になり 348tb/tsは黒 形状も若干変更されました。内装はドアのデザインの違いとセンターコンソール、シートなどに違いがみられます。。1995年 後継のF355スパイダーの登場で生産を終了しました。

後期モデルのエンジンスペック(前期モデルより20馬力UP)
348GTB GTS スパイダー
エンジン:(F119H)DOHC 32バルブV8 3405 cc
ボア/ストローク:85mm x 75mm
圧縮比:10.8:1パワー:320 PS(235 kW; 316 hp)@ 7,200 rpm
最大トルク:238 lb / ft、324 Nm @ 5,000 rpm
トランスミッション
5速マニュアル
シャーシ
スチールプラットフォームとサブフレーム
サスペンション
オールラウンド独立
ブレーキ
4輪ディスクABS
車輌性能
最高速度:280 km / h以上加速度0〜100 km / h:5.4秒0〜161 km / h:12.0秒1/4マイル:13.6秒

フェラーリ348(Ferrari 348)の歴史
イタリアの自動車メーカーのフェラーリが1989年から1994年にかけて製造販売したリアミッドシップエンジン・後輪駆動の2シータースポーツカーです。
エンツォ・フェラーリの指示で開発されました。
エンツォの死後に生産販売された車輌になります。

348には メンテナンスのためのエンジンの取り外しをスピードアップするために 調整可能な車高サスペンションと取り外し可能なリアサブフレームが取り付けられました。また 348シリーズはエンジンの搭載方法が変更されており 308/328が横置きだったのに対し縦置きに変更されました。重量バランスの最適化が図られました。また トランスミッションは横置き式が採用されています。ブレーキシステムは前・後共にベンチレーテッドディスク式を採用しています。
348シリーズの最大の注目点は ボディ構造の変更です。フェラーリは長年 鋼管スペースフレームを基本骨格としていた348では一部に鋼管を残しつつもより一般的なモノコックフレームを採用しました。ただその影響か 20年近く前に出たランチア・ストラトスよりも剛性が低く 特にフロント部分のシャシ剛性が不足していたようで 特に初期モデルのオーナーからは「高速道路で車が真っ直ぐ走らない」といったクレームがありました。このため代理店レベルで ステアリングラックを重いものに交換したり リアとフロントにストラットタワーバーを追加するといった対応を行っていたケースも多いようです。

ストラダーレバリエーション
・フェラーリ348tb/ts
・348セリエ スペチアーレ
・348スパイダー
・348GTB/GTS
・348GTコンペティツィオーネ
競技者バリエーション
・348LM
・348チャレンジ


栃木県小山市より 東京都 埼玉県 千葉県 群馬県 茨城県 福島県 全国に 引取・納車致します。









無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ