小山市 茨城県筑西市 BMW MINI エンジン関連修理・整備・メンテナンス カワマタ商会グループKレボリューション

画像

BMW MINI Cooper S
CLUBMAN
エンジン関連修理整備
メンテナンス

BMW MINI クーパーS クラブマン 走行中にエンジン・チェックランプ警告灯が点灯 … テスター診断によりノックセンサーエラーが原因でした。茨城県筑西市のK様 ご依頼ありがとう
ございます。

BMW MINI 新車販売・中古車販売・高価買取り・車検整備・板金塗装 当社にお任せください。

 BMW MINI クーパーS クラブマン 走行中にエンジン警告灯が点灯 … BMWミニ テスター診断 原因はノックセンサーエラーでした。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2524

☝️必ず知りたいBMW MINI 修理・整備・メンテナンス 情報が きっと見つかる。

茨城県筑西市のK様 ご依頼ありがとうございます。
BMW MINI クーパーS クラブマン 走行中にエンジンチェックランプ警告灯が点灯したので修理をお願いします。との ご依頼です。
結城市のお客様M様のご紹介での入庫となりました。

さっそく入庫した BMW MINI クーパーS クラブマン に スキャンパッド(ScanPad101Auto Diagnostic Computer)と言う コンピューター診断機を接続して テスター診断を開始しました。テスターの画面にトラブル個所が ノックセンサーエラーと表示されました。トラブルの原因はノックセンサーの経年劣化と判断しました。BOSCH製のノックセンサーを取り寄せて 交換作業 試運転を行い 作業完了となりました。
BMW MINI クーパーS クラブマン は ノックセンサーのトラブルが多いですね。

ノックセンサー とは⁈
簡単に言うとエンジンのノッキングを検出するセンサです。各種方式があるようですが振動検出型が使われることが多いようです。ノッキングとは燃焼室の未燃ガスが自己点火する異常燃焼をいい圧力振動を伴ないます。振動検出型センサはエンジンのシリンダブロックに装着すれば1台で複数気筒のノック振動の検出が可能のようです。格気筒ごとにセンサ–が必要な方式に比べコスト的に有利でセンサ内には特定振動数に共振する振動板と圧電素子があり検出した振動を電圧出力に変換する機能を備えているようです。

BMW MINIの新車販売・中古車販売・高価買取り・車検整備・板金塗装 も 当社にお任せください。

長年の知識 積み上げてきた技術 ノウハウ 最新のコンピューター診断機 に より オールド MINI 最新 BMW MINI まで お客様 本意 の 車検整備・修理 メンテナンス を 提供します。ディーラーでは取り扱われ無い 並行輸入パーツ 社外パーツ も ご用意いたします。当社は お客様の持ち込みパーツ部品もOKです。中古部品 や リビルド部品 リンク品 を 使用し 少しでも リーズナブル な 車検整備・修理 と 考えています。車検切れ 不動車 の 引き取りも お任せください。緊急事態の時も当社セフティーローダー(2台)完備しておりますので お気軽にご相談ください。故障車・事故での不動車 自動車保険対応 レッカーサービスもご相談ください。当社登録レンタカー・各社レンタカーもご用意いたします。

第2世代 (2006年 - 2013年)
R55/56/57/58/59/60/61 ミニ (BMW)クーパーボディタイプは ハッチバックエステートコンバーチブルカントリーマンクーペロードスター。
エンジン直列4気筒 1.4L/1.6L NA/ターボ駆動方式FF/4WD最高出力98-211ps(72kW-155kW) 6000rpm最大トルク15.6-26.5kg·m(153-260N·m)
1850-5600rpm
変速機6速MT/6速AT/CVT。
サスペンション前: ストラット後: マルチリンク全長3,715-4,120mm全幅1,685-1,790mm全高1,430-1,550mmホイールベース2,465-2,595mm車両重量1,130-1,460kg最小回転半径5.1m (ワン)5.5m (クラブマン、クラブバン)5.8m(カントリーマン)
2006年のパリサロンで発表されました。
2006年11月、クーパー、クーパーSが英国とドイツで発売開始 日本での発売は2007年2月24日になります。同年4月 英国を皮切りにベーシックモデルのワン クーパーDが発売されたましたが 日本にはワンのみが導入されています。ハッチバックのサルーンは第2世代となったがコンバーチブルは初代が継続して生産され 2009年モデルより新型へ移行しました。なお この代でバリエーションが一気に増え 全7種のボディを持つようになりました。型式については、R55はクラブマン(含:クラブバン)R56はサルーンのワン クーパー クーパーS R57はコンバーチブル R58はクーペ R59はロードスター R60はカントリーマン R61はペースマンを表しました。オリジナルミニ同様「変わらない良さ」が基本コンセプトとなっており 外観は 先代ミニとの区別が難しいほど類似しています。「変えないこと」に対する意思が強く現れているようです。ボディーサイズは前後左右に20mmほど拡大されました。ヘッドランプはエンジンフードから車体側に固定されたため コスト低減と共にフードの開閉も軽くなった。燃費、省資源や安全面は相応の改良が施され進化していますが R53 クーパーSと比べ新型クーパーSの車重は+30kgの1,210kgとなりました。2013年7月11日 世の中で長く愛され続ける秘訣を探るため 日本のゆるキャラであるくまモンがオックスフォード工場を訪れたましたこれは イギリスの国民的キャラクターベアであるパディントンベアから招待されたためであるようです。パディントンベアとのツーショットが実現したのはもちろん サプライズとしてR57をベースとした「くまモンMINI」も披露されたました。

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!