小山市 茨城県日立市 Volkswagen ブレーキ関連修理・整備・メンテナンス カワマタ商会グループKレボリューション

画像

Volkswagen Scirocco R
ブレーキ修理・整備
エンジン・オイル漏れ修理・メンテナンス

フォルクスワーゲン シロッコR ディスクローター・パッド 脱着交換 エンジン・オイル漏れ修理。
茨城県日立市のT様 ご依頼ありがとうございます。

Volkswagen 新車販売・中古車販売・車検整備・高価買取り・板金塗装 当社にお任せください。


 Volkswagen フォルクスワーゲン シロッコR ディスクローター・パッド 脱着交換 オイル漏れ修理。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2035

☝️必ず知りたいフォルクスワーゲン修理・整備・メンテナンス情報が きっと見つかる。

茨城県日立市のT様 いつもご依頼ありがとうございます。
当社で ポルシェ911スズキジムニ メルセデス・ベンツG400 を ご購入頂いているT様から フォルクスワーゲン シロッコR の ブレーキを踏むとかなりの振動がステアリングに伝わってくる。との 修理整備のご依頼です。
積載車に代車を積んで 結城市 筑西市 桜川市から北関東道に乗り 笠間市 ひたちなか市を通過し到着。フォルクスワーゲン シロッコ R を お預かりしました。

入庫したフォルクスワーゲン シロッコRをリフトアップしフロント・リアのタイヤを外しブレーキの状態を点検したところ ブレーキディスク・ローターとブレーキディスク・パッドの変摩耗が原因とわかりました。お客様とご相談した結果 社外パーツのブレーキディスク・ローター とブレーキディスク・パット フロントとリアを注文し交換する事になりました。交換後 試運転をしトラブルが解消しているのを確認し作業が完了です。

ドイツ車 輸入車全般に ブレーキ・ローターを削りながら 高い制動力を得ているので ブレーキ・ローターの減りが早く 段減りしたりします。
高い制動力=安全に止まる と 考えて設計されているので多少の出費は 仕方が無いのではないでしょうか。

Volkswagenの新車販売・中古車販売・車検整備・高価買取り・板金塗装 も 当社にお任せください。

長年の知識 積み上げてきた技術 ノウハウ 最新のコンピューター診断機 に より オールド フォルクスワーゲン 最新 フォルクスワーゲン まで お客様 本意 の 車検整備・修理 メンテナンス を 提供します。ディーラーでは取り扱われ無い 並行輸入パーツ 社外パーツ も ご用意いたします。当社は お客様の持ち込みパーツ部品もOKです。中古部品 や リビルド部品 リンク品 を 使用し 少しでも リーズナブル な 車検整備・修理 と 考えています。車検切れ 不動車 の 引き取りも お任せください。緊急事態の時も当社セフティーローダー(2台)完備しておりますので お気軽にご相談ください。故障車・事故での不動車 自動車保険対応 レッカーサービスもご相談ください。当社登録レンタカー・各社レンタカーもご用意いたします。

シロッコ(Scirocco)
ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲンが1974年に発売した 3ドアハッチバッククーペの乗用車です。1992年に一旦モデル廃止となりましたが 2008年に新型の乗用車として再発売されました。1992年までの第1世代。第2世代はカルマンによる製造になります。2008年に登場した第3世代はポルトガルのオートヨーロッパによる製造になります。
名称の由来は シロッコとは北アフリカの砂漠地帯から地中海地方に吹き込む 粉塵を含んだ熱風の総称ですね。
3代目(2008年 - 2017年)
フォルクスワーゲン・シロッコ(3代目)販売期間2008年-2017年デザインワルテル・デ・シルヴァ乗車定員4名ボディタイプ3ドアハッチバッククーペ。エンジンCTH型 1.4L 直4 DOHC インタークーラー付ターボ+スーパーチャージャー。CDL型 2.0L 直4 DOHC インタークーラー付ターボ。
駆動方式はFFでサスペンションは 前 マクファーソンストラット後 4リンク。全長4,256mm全幅1,810mm全高1,404mmホイールベース2,575mm。2006年のパリサロンで「アイロック」(Iroc)というコンセプトカーが発表され 2008年3代目シロッコが発売されました。2代目の後継モデルとなったコラードも1995年に消滅していたため フォルクスワーゲンとしては13年ぶりの3ドアクーペモデル発売となりました。ドイツでの販売価格は 21,750ユーロ(税込み)からです。北米市場では「GTI(北米で販売されるゴルフGTI)の販売に悪影響する」との理由によって 導入見送りとされたようです。その後スポーツグレードとして2L TSIエンジンをチューンした256PSのシロッコRが発売されました。ハッチバッククーペでありながら幅広く短い、ロングルーフを特徴とするバックドアが殆ど垂直に近い状態に立った独特の(2ボックス型の)カムバックスタイルを持っており 後に登場するヒュンダイ・ヴェロスターやアルファロメオ・ミト、トヨタ・GRヤリスなどの2ボックス型ハッチバッククーペにも影響を与えたようです。搭載されるエンジンはゴルフVIと共通の ツインチャージャー直列4気筒1,400cc120-158PS、2,000cc211PS、2000ccTDI140PSです。日本では2009年5月25日に発売されました。販売は1,400ccツインチャージャーエンジン搭載の「TSI」(392万円)と 2,000ccターボの「2.0TSI」(447万円)の二種類で開始されました。シロッコRは2010年2月5日より515万円で発売されました。2010年9月15日に仕様変更が行われ、「TSI」が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準+15%」を同時に達成しました。ナビゲーションをオプション化するなど装備内容の見直しも行われたために 44万円値下げされ 348万円となりました。一方で「2.0TSI」はリアビューカメラ「Rear Assist」を新たに装備するなどで13万円値上げの460万円となりました。なお タイヤは両タイプとも突起物が貫通した場合でも 特殊高分子ポリマーの粘着特性により瞬時に穴を塞ぎ 継続走行が可能な「モビリティタイヤ」となりました。2011年8月24日特別仕様車「R-Line」を発売。「TSI」をベースに 専用フロント&リアバンパー サイドスカート 18インチアルミホイール 専用ファブリックシートなど「R-Line」専用の内外装を装備(379万円)。併せて、「TSI」の仕様変更も行い パドルシフト リアパークディスタンスコントロール RCD310オーディオを追加装備するとともに セットオプションとして「アダプティブシャシーコントロール"DCC"パッケージ」と「レザーシート パノラマガラスルーフパッケージ」を新たに設定しました。なお 追加装備に伴って2万円値上げとなり、350万円となりました。2012年4月3日に「TSI」と特別仕様車「R-Line」において仕様変更が行われ JC08モードに対応しました。同モードでの燃費は15.8km/Lとなっており、「平成27年度燃費基準」を達成している。2013年4月16日、従来発売されていた「R-Line」をベースに 走行状況に応じてダンパーの減衰力や電動パワーステアリングの特性が異なる3つのモードに切り替えできる「DCC(アダプティブシャシーコントロール)」中・高速でのコーナリングを快適かつ安全に行う「XDS(電子制御式ディファレンシャルロック)」純正ナビゲーションシステム「712SDCW」を追加装備し メーター中央部にフルカラーマルチファンクションインジケーターを追加しました。「R-Line Dynamisch(ディナミッシュ)」を発売。2014年3月14日に消費税増税及び原材料費の高騰などに伴う生産コストと輸送費の上昇を受けて
同年4月1日付で価格改定を実施することが発表されましたが シロッコに関してはゴルフ カブリオレと共に販売終了する見込みのため値上げの対象外となり 同年3月をもって日本での販売が終了されました。最終的に2017年を以って名実共に生産終了・販売終了となりました。

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!