小山市 茨城県結城市 Audi エンジンチェックランプ点灯 修理・整備・メンテナンス カワマタ商会グループKレボリューション

画像

Audi Q3 2.0TFSI
Quattro
エンジンチェックランプ点灯 修理・整備
メンテナンス

Audi Q3 2.0TFSI Quattro アウディ エンジン・チェックランプ警告灯が点灯して不調になった … コンピューターテスター診断機 テスター診断。茨城県結城市のK様 ご依頼ありがとうござます。

Audi 新車販売・中古車販売・車検整備・高価現金買取り・板金塗装 当社にお任せください。



 Audi Q3 2.0TFSI Quattro アウディ Q3 2.0TFSI クワトロ エンジン・チェックランプ警告灯が点灯して不調になった … コンピューターテスター診断機 テスター診断。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2010

茨城県結城市のK様 ご依頼ありがとうございます。
アウディQ3 2.0TFSI Quattro つくば市からの帰り下妻市を通過し筑西市に入った途端にエンジン・チェックランプ警告灯が点灯しエンジンが不調になりアイドリングもバラついてきた。との 修理整備のご依頼です。

ご入庫していただいた アウディQ3 2.0 TFSI クアトロ に コンピューター診断機を接続しテスター診断をしました今回 使用したコンピューター診断機は ScanPad101Auto Diagnostic Computer に なります。
アウディQ3 2.0TFSI Quattroに接続し診断したテスターシステム診断の結果 2番シリンダー・イグニッションコイルが不良と診断しました。エンジン・フードを開けて エンジン・カバーを外すとイグニッション・コイルが見えてきます。イグニッション・コイルを固定しているピンを外し抜き取るとスパークプラグが見えてきますのでスパークプラグ・レンチを使って回して取り出してました。注文しておいた新しいイグニッションコイルとスパークプラグに効果作業しエンジンを掛けてエンジン・チェックランプ警告灯が点灯していないか確認しロードテストを行い異常がないかを確認し納車の運びとなりました。

Audiの新車販売・中古車販売・車検整備・高価現金買取り・板金塗装 も 当社にお任せください。

長年の知識 積み上げてきた技術 ノウハウ 最新のコンピューター診断機 に より オールド アウディ 最新 アウディ まで お客様 本意 の 車検整備・修理 メンテナンス を 提供します。ディーラーでは取り扱われ無い 並行輸入パーツ 社外パーツ も ご用意いたします。当社は お客様の持ち込みパーツ部品もOKです。中古部品 や リビルド部品 リンク品 を 使用し 少しでも リーズナブル な 車検整備・修理 と 考えています。車検切れ 不動車 の 引き取りも お任せください。緊急事態の時も当社セフティーローダー(2台)完備しておりますので お気軽にご相談ください。故障車・事故での不動車 自動車保険対応 レッカーサービスもご相談ください。当社登録レンタカー・各社レンタカーもご用意いたします。

アウディQ3 2.0TFSI Quattro
2011年4月の上海モーターショーで世界初公開されました。 その後 同年7月に欧州市場を皮切りに順次発売を開始しました。アウディ最小のSUVであす。プラットフォームはアウディ・A3をベースとして作られているが シャシはキャラクター特性を活かすべく大幅に補強されています。Q7 Q5 の次に開発されたSUVですね。フォルクスワーゲン・ティグアンとは姉妹車関係にあたります。エクステリアは流麗なルーフラインを採用するなどしてエアロダイナミクスを追求した結果 空気抵抗係数(Cd値)0.32というスポーツカーに匹敵する数値を実現しました。同時に 軽量化も推し進められ ボディにはアルミニウムを多用することで車両重量を1.610㎏に納めています。エンジンは3種で ガソリンエンジンは2.0L直噴ターボの「TFSI」となり 出力特性に応じて170PSと211PSの2種を用意されました。アイドリングストップとブレーキエネルギー回生システムが標準装備ですね。一方、ディーゼルの「TDI」はターボを採用して140PSを発生してます。生産はドイツではなく スペインにあるフォルクスワーゲン傘下・セアト社のマルトレル工場である[4]。なお、Q3の生産に当たり、同工場は3億3000万ユーロ(約385億円)をかけて改修、約700人の追加雇用を行った。2012年4月23日、北京モーターショーにて「Q3 jinlong yufeng」を初公開[5]。2012年5月11日、「Wortherseeツアー」にてコンセプトカーの「Q3レッドトラック」を初公開[6]。最高出力が340psに強化されている。2014年1月9日、北米市場に「Q3」を導入すると発表[7]。これまで北米市場には導入されていなかったが、SUVの需要増加に伴って投入を決断した。導入は2014年秋頃の予定。2014年11月10日、欧州にて改良モデルを発表[8]。フロントグリルのデザインを改めたほか、ヘッドライトは「キセノンプラス」を標準化し、LEDデイタイムランニングライトを組み込んでいる。また、テールランプはLEDを使用した。欧州仕様のパワートレインは1.4Lから2.0Lのガソリンとディーゼルである。2015年5月13日、「GTIミーティング・アット・ヴェルターゼー」にて「オフロードスタイルパッケージ」を初公開[9]。欧州仕様の純正アクセサリーとして設定される。2016年9月15日、欧州にて2度目の改良モデルを発表[10]。フロントバンパーの開口部を拡大し、その下にボディ同色のブレードを配置。グリルはストーングレーで塗装された。また、「S line エクステリアパッケージ」を設定した。

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!