小山市 茨城県古河市 Ferrari クラッチOH 修理・整備・メンテナンス カワマタ商会グループKレボリューション

画像

FERRARI Testarossa
クラッチ・オーバーホール修理・整備
メンテナンス

フェラーリ テスタロッサ クラッチ・オーバーホール修理・整備。ワンオフ・パーツ製作。
茨城県つくば市 セフティーローダー引
取り作業。
茨城県古河市のN様 ご依頼ありがとうございます。

 Ferrari Testarossa フェラーリ テスタロッサ クラッチ・オーバーホール修理・整備 メンテナンス ワンオフ・パーツ制作 茨城県つくば市ローダー引取り作業。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=3010&pg=1

☝️必ず知りたいフェラーリ修理・整備・メンテナンス 情報が きっと見つかる。

茨城県古河市のN様 ご依頼ありがとうございます。
フェラーリ テスタロッサ 出先でクラッチが滑って走れなくなったから引取りに来て欲しい。との ご依頼です。当社セフティーローダーの出番です。目的地のつくば市には結城市 筑西市 下妻市を経由して約1時間 少々お待ちくださいね。

引き取ってきた フェラーリ テスタロッサ を リフトアップし マフラー クラッチハウジングを外し点検した結果 クラッチ板がバラバラになりベアリングがスライドする 通称テングに傷が入ってました。部品を世界中探しましたが テングが世界欠品で高額な為 ワンオフ制作致しました。
クラッチ板は 張り替えて スラストベアリング オイル・シールは新しい部品と交換しました。クラッチが組み上がったフェラーリ テスタロッサをリフトから下ろし 暖機運転後 試運転をしクラッチがスムーズに繋がるか 加速しても クラッチが滑らないか を 確認し作業が完成しました。

Neo Classic と 呼ばれる フェラーリ は パーツ入手が困難な場合が多くなってきました。その様なお悩みの方は一度 当社にご相談ください。ワンオフ パーツ製作 承ります。

フェラーリ 新車販売・中古車販売・高価現金買取り・車検整備・修理・板金塗装 は 当社にお任せください。

長年の知識 積み上げてきた技術 ノウハウ 最新のコンピューター診断機 に より オールド フェラーリ 最新 フェラーリ まで お客様 本意 の 車検整備・修理 メンテナンス を 提供します。ディーラーでは取り扱われ無い 並行輸入パーツ 社外パーツ も ご用意いたします。当社は お客様の持ち込みパーツ部品もOKです。中古部品 や リビルド部品 リンク品 を 使用し 少しでも リーズナブル な 車検整備・修理 と 考えています。車検切れ 不動車 の 引き取りも お任せください。緊急事態の時も当社セフティーローダー(2台)完備しておりますので お気軽にご相談ください。故障車・事故での不動車 自動車保険対応 レッカーサービスもご相談ください。当社登録レンタカー・各社レンタカーもご用意いたします。

テスタロッサ(Testarossa)
フェラーリが製造していたスポーツカーです。テスタロッサはイタリア語で「赤い頭」を意味します。これはかつての名車250TR 500TRと同様エンジンのカムカバーが赤く塗られているところから名付けられています。

1984年10月のモンディアル・ド・ロトモビルで発表されました。それまでのフェラーリ・512BBiからフラッグ・シップの座を引き継ぎました。250TR 500TRと区別するため新テスタロッサとも呼ばれていたようです。フェラーリは車名にそれまでの数字とアルファベットの組み合わせではなく 往年の名レーシングカーの車名をリバイバルさせるようになり テスタロッサという車名も1960年代の250テスタロッサ または500テスタロッサに由来し これら同様にカムカバーは赤く塗られていました。エンジンはバンク角180度のV型12気筒。内径82mm×行程78mmで 排気量は4,943cc 燃料供給はボッシュ製Kジェトロニックと512BBi同様ですが 4バルブ化され吸気効率の向上を狙っています。
欧州モデルの公称出力390PS[5]/6,300rpm 50.0kgm/4,500rpmに対し 日本国内・米国・カナダ向けモデルは排気ガス対策によって 380PS/5,750rpm 48kgm/4,500rpmとなり また1速および2速のギヤ比が低いなど 輸出先の国情や法規にあわせていくつかの仕様が存在します。最高速度290km/h または 300km/h。0-100km/hは5.8秒 0-1,000mは24.1秒とメーカーから発表されています。キャビン居住性にも配慮した結果 エンジン搭載位置は後ろ側へ追いやられてリアアクスルの周辺に位置するギアボックスの上方にレイアウトされるため 必然的に重心は高くなってしまっていてRR車に近い重量配分となり 加えて厳しくなりつつある各国の安全基準への対応による重量増加も加わり 一般的に考えられるミッドシップ・スポーツカーの性格というよりグランツーリスモ的なハンドリングキャラクターを持つてしまったようです。ラジエーターはサイドに搭載されるため車体は幅広く ドアからリアフェンダーにかけてスリット状のエアインテークが設けられ 発表された当時は度肝を抜かされたデザインでした。

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!