小山市 茨城県古河市 Mercedes-Benz ターボエンジン整備・オイル漏れ修理・メンテナンス カワマタ商会グループKレボリューション

画像

Mercedes-Benz
E320 CDI
STATION WGN
修理・整備
メンテナンス

メルセデス・ベンツ E320 CDI ステーションワゴン ターボ・エンジン整備・オイル漏れ修理。ターボ・スロットルアクチェーター オイルクーラー脱着交換作業。
茨城県古河市のA様 ご依頼ありがとうございます。

 Mercedes-Benz E320 CDl STATION WGN メルセデス・ベンツ E320 CDI ステーションワゴン アクセルを踏んでも加速しない オイル漏れも … ターボ・スロットルアクチェーターとオイルクーラー 交換 作業。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=2025&pg=1

☝️必ず知りたいメルセデス・ベンツ修理・整備・メンテナンス情報が きっと見つかる。

茨城県古河市のA様 ご依頼ありがとうございます。
メルセデス・ベンツ E320 CDI ステーションワゴン アクセルを踏み込んでも加速しない それと オイル漏れ修理をお願いしたいので引き取りに来てください。との ご依頼です。キャリアカーで結城市 五霞町経由で引き取ってきました。

メルセデス・ベンツE320CDIステーションワゴンはディーゼル・エンジン搭載車になります。コンピューター診断機を接続しテスター診断と点検をした結果 加速しない原因は ターボチャージャー・スロットルアクチェーター が原因で オイル漏れの原因は オイルクーラーからのオイル漏れでした。
この2点のトラブルは メルセデス・ベンツE320CDIステーションワゴン の お決まりのトラブルですね。
ターボ・チャージャー・スロットルアクチェーターはターボを外しての作業になりますが オイルクーラーはVバンクの真ん中にあるのでインテイクマニホールド を 脱着しての作業になります。

メルセデス・ベンツの新車販売・中古車販売・高価現金買取り・車検整備・板金塗装 も 当社にお任せください。

長年の知識 積み上げてきた技術 ノウハウ 最新のコンピューター診断機 に より オールド メルセデス・ベンツ 最新 メルセデス・ベンツ まで お客様 本意 の 車検整備・修理 メンテナンス を 提供します。ディーラーでは取り扱われ無い 並行輸入パーツ 社外パーツ も ご用意いたします。当社は お客様の持ち込みパーツ部品もOKです。中古部品 や リビルド部品 リンク品 を 使用し 少しでも リーズナブル な 車検整備・修理 と 考えています。車検切れ 不動車 の 引き取りも お任せください。緊急事態の時も当社セフティーローダー(2台)完備しておりますので お気軽にご相談ください。故障車・事故での不動車 自動車保険対応 レッカーサービスもご相談ください。当社登録レンタカー・各社レンタカーもご用意いたします。

W211/S211
メルセデス・ベンツの3代目Eクラスを指すコードネームです。頭文字の“W”はセダン“S”はステーションワゴンを表します。
2002年に登場しました。先代のデザインを踏襲しつつも大胆に傾斜した楕円形の4灯式ヘッドライトなどを特徴とし よりエレガントな様相を持っているますが 後期型はフロントグリルを中心にスポーティーな印象を強めているデザインに変更されています。外観はキープコンセプトですが 新プラットフォームの採用により全幅と全高が20mmずつ拡大し それぞれ1,820mm 1,450mmとなったことで普通車サイズの機械式立体駐車場ではぎりぎりのサイズとなり 入庫できない駐車場があるようです。Cd値は0.26。日本での価格帯は約700〜1,400万円 北米では51,000〜86,000ドル (約612〜1,032万円/2002年下半期のレート:120円)とやや大衆にも向けた設定であるようです。欧州市場やアジア アフリカ諸国などではE200 コンプレッサーやE220 CDIなどの廉価版も存在しますが 日本市場では高級車というイメージを強調するブランド戦略によりE250以上のラインナップとなっています。マイナーチェンジを機にオプションの標準装備化や追加装備が行われ 全体的に販売価格が上昇しました。日本国内ではエレガンス (E300のみ。日本国内では“エレガンス”とは表記されない) とアバンギャルド (黒系の木目の内装で革張り) がラインナップされました。欧州では内装及び装備を簡素化したクラシックも存在するようですが 日本国内には導入されていないようです。なお アバンギャルドは2006年秋のマイナーチェンジによりアバンギャルドSとしてバトンタッチしたものの その半年後にはE350のFR車に限りアバンギャルドが復活しています。E320 CDI、E350 4MATICは従来からアバンギャルドのままとなっているようです。なお E350 アバンギャルドSなどでのAMGエアロパーツとE63 AMGなどでのAMGエアロパーツは細部が異なっています。先進装備として 雨天時などにディスクとブレーキパッドをわずかに接触させ水分の除去を行いながらの走行や アクセルペダルから足を離すと ブレーキに備えてディスクとブレーキパッドの間隔を狭める「SBC (Sensotronic Brake Control)」が装備されたが 接触不良やノイズの影響などで警告と共にパワーアシストが切れ バックアップモードへ移行する問題が多発しました。この状態ではブレーキが前輪2輪しか効かない状態となり最大減速力も0.3Gと弱く その上ゴム球からなる人工反力装置が切り離されず通常に比べて約5倍の踏力を必要としたため 女性など脚力の弱いドライバーでは十分な減速が不可能ですよね。日本でも大規模なリコールが行われ 2005年8月以降は信頼性が確保されたが マイナーチェンジで「SBC」は廃止されています。そのほか 多くの電気機器の駆動に通信システムCANが採用されたため SAMと呼ばれるシステムなどの障害が多発ました。このため 総計130万台の個別調査を元に詳細に解析された米国コンシューマーレポーツ年鑑 自動車信頼性調査2006年版で“劣悪”と判断され 米国での販売は激減したようです。こうしたトラブルに加え モデル中期では同クラスの日本車がHDDナビゲーションシステムやiPodなどの外部入力への対応を行っていた中 W211がこれらを装備するのは最終モデルでの更新の時であったため 電装系機能の面で不満を訴えるユーザーも多かったようです。W210で指摘されたコスト削減に伴う品質低下から 元来の「最善か無か」に回帰を試みたが SBCのトラブルもありマイナーチェンジされるまで信頼性は十分ではなかったようです。ステーションワゴンのエンジンはほぼセダンと共通ですが S211以降荷物積載時の姿勢変化を抑えるためエアサスペンションによるセルフレベリング機構を後輪に採用しています。また カーゴルームのフタとなるトノカバーは ハッチバックの開閉とともに連動して開口部が開くようになっています。日本国内では5人乗りとともにカーゴルームに2人用座席を格納・設置した7人乗りのモデルも導入されました。クーペやカブリオレはラグジュアリー性を重視しており 十分なスペースのリアシートとラゲッジルームを備え 大人4人が余裕を持って乗車することを前提としています。EクラスのクーペはCLKに譲ることで一旦廃止となりましたが 2009年に復活したが 基本設計はCLK同様Cクラスベースとなっていたようです。一方でクーペスタイルを持つ4ドアとしてCLSが販売されており かつてのEクラスクーペに相当する価格帯で展開されています。上記の様に度重なる不具合の発生とリコールによりSBCが2006年度のマイナーチェンジで廃止されたため 前期と後期でそれぞれブレーキ構造が異なるようです。また 前期の前半と後半ではエンジン(排気量、SOHC→DOHCなど)とトランスミッションが異なる(5速AT→7速AT)など 基本要素が頻繁に変更されました。2008年12月に米国道路安全保険協会から発表された「盗難率の低い車リスト」では 2007年に米国で最も盗難被害に遭う確率が低かった車としてランキングされており 盗難率は1万台あたり6台となっているようです。このモデル以降Eクラスの販売は好調なCクラスに比べて順調とは言えない状態が続いているようです。

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!