小山市 東京都足立区 LAMBORGHINI レストア 修理・整備・メンテナンス カワマタ商会グループKレボリューション

画像

LAMBORGHINI
Countach
25th Anniversary
レストア 修理・整備
メンテナンス

ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー 不動車 レストア 修理・整備。
東京都足立区のT様 ご依頼ありがとうございます。

LAMBORGHINI 新車販売・中古車販売・車検整備・高価現金買取り・板金塗装 当社にお任せください。

 LamborghiniCountach 25th Anniversary ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー レストア作業・修理・整備・メンテナンス。お客様とご相談の結果 車輌を買取りさせて頂きました。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=3030

☝️必ず知りたいランボルギーニ修理・整備・メンテナンス 情報が きっと見つかる。

東京都足立区T様 ご依頼ありがとうございます。
長期 倉庫に眠っていたランボルギーニ カウンタックなので 悪い箇所を徹底的に洗い出し部品を調達してレストアして欲しい。との ご依頼です。
セフティーローダーを走らせて上三川インターパークを通過し 栃木県宇都宮市にある倉庫に引取に行ってきました。ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー は 不動車のため セフティーローダー装置のウインチを使っての引き上げ作業になります。

キングオブスーパーカーの異名を持つランボルギーニカウンタック。
カウンタックの最終モデルが25thアニバーサリーになります。
今回 最終的に買取りさせていただきました カウンタック25周年アニバーサリーは走行も140キロで新車の匂いがプンプンするお車です。
当社は1999年にランボルギーニの正規代理店をしていた 実績 技術 ノウハウ を 元に ベストな状態にレストアし 今回 買取りさせて頂いた ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー を 販売させていただきます。

不動車輌の移動 修理・整備 買取り も ご気軽にご相談ください。

LAMBORGHINIの新車販売・中古車販売・車検整備・板金塗装 も 当社にお任せください。
長年の知識 積み上げてきた技術 ノウハウ 最新のコンピューター診断機 に より オールド ランボルギーニ 最新 ランボルギーニ まで お客様 本意 の 車検整備・修理 メンテナンス を 提供します。ディーラーでは取り扱われ無い 並行輸入パーツ 社外パーツ も ご用意いたします。当社は お客様の持ち込みパーツ部品もOKです。中古部品 や リビルド部品 リンク品 を 使用し 少しでも リーズナブル な 車検整備・修理 と 考えています。車検切れ 不動車 の 引き取りも お任せください。緊急事態の時も当社セフティーローダー(2台)完備しておりますので お気軽にご相談ください。故障車・事故での不動車 自動車保険対応 レッカーサービスもご相談ください。当社登録レンタカー・各社レンタカーもご用意いたします。

ランボルギーニ・カウンタック(LamborghiniCountach)
イタリアのランボルギーニが1974年から1990年にかけて製造した自動車 スーパーカー です。Countachとは イタリア北西部ピエモンテ地方の方言で「驚いた」を表すcontacc[kʊŋˈtɑtʃ](クンタッチ)の綴りを一部改変したものでイタリア語ではクンタッチと発音するようです。
日本ではいわゆるスーパーカーを代表する自動車で知られて スーパーカーといえば カウンタックを連想する人も多いんじゃ無いですかね。販売車種では珍しく、特殊なエアインテーク機構やNAで高出力のV型12気筒5,000ccのエンジンを搭載する等 コンセプト デザイン システム全ての点において異彩を放ち 1970年代後半から1980年代の日本におけるスーパーカーブームの火付け役となりました。スーパーカーブーム時には「最高速300km/h」という公称値が話題となり リトラクタブルヘッドライトと並びこれが人気の一端を担っていましたね。実際には当時の現行車種LP400の最高速は300 km/hまで届いてはおらず 最終モデルである25thアニバーサリーでも295 km/hに留まっています。また 車体下に気流が入って揚力が発生したり 巨大なエアスクープの空気抵抗 そして導入された気流によって後輪のトラクションが低下する等 ボディは空力的に問題が多いようです。この対策としてLP400S以降のモデルにはエアロパーツや オプションでリアウイングが装備されるようになりましたが このリアウイングによるリアのダウンフォースが強く 高速走行時には前輪の接地感が薄れるという欠点もあり それを補うために5000Sではフロントウイングまでもディーラーオプションで登場するという始末であったようです。なお 特徴的なエアスクープと その下にあるルーバーは別々の空気取り入れ口ではなく所詮デザインであり 中で一つの大きなボックスになっています。ガルウィングドアの代表的存在として認識されていますね。

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!