小山市 ボルボ 車検整備・修理 茨城県 栃木県 カワマタ商会グループKレボリューション

画像

VOLVO ボルボ
車検整備・修理 茨城県 栃木県

ボルボ 車検整備・修理栃木県小山市より 茨城県全域をカバー致します。北茨城市高萩市 日立市 常陸太田市大子町 城里町 那珂市 東海村 小美玉市常陸大宮市水戸市 ひたちなか市 境町笠間市 大洗町 茨城町 鉾田市 行方市鹿島市潮来市 神栖市 桜川市 筑西市結城市下妻市 常総市 八千代町 坂東市古河市 五霞町 石岡市 かすみがうら市土浦市つくば市 美浦村 阿見町 稲敷市牛久市 龍ヶ崎市 河内町 利根町 守谷市取手市 つくばみらい市
栃木県野木町 足利市 佐野市 栃木市 下野市茂木町 益子町 真岡市 上三川町 壬生町市貝町 芳賀町 宇都宮市 那須烏山市鹿沼市 高根沢町 那珂町 さくら市
矢板市 塩谷町 日光市 大田原市 那須町 那須塩原市 下都賀郡


240 240エステート 740エステート 760 850 850エステート 940 940エステート 960 960エステート C30 C70 C70カブリオレ S40 S60 S70 S80 S90 V40 V40クロスカントリー V50 V60 V60クロスカントリー V70 V90 V90クロスカントリー XC40 XC60 XC70 XC90 アマゾンクーペ アマゾンセダン

 VOLVO ボルボ 車検整備・修理 栃木県小山市より 茨城県・栃木県全域をカバー致します。
https://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/blog?brand_cd=4010

☝️必ず知りたいボルボ車検整備・修理・メンテナンス情報が きっと見つかる。

ボルボの車検整備・修理は当社にお任せください。
とあるディーラーで 8万キロ走行のA4の修理に持ち込んだ お客様からの話しですがエンジンの寿命の為 イグニッションコイル と プラグ を 持ち歩いてください との事 そんな事はありませ 根本的なオイル下りを見逃してるのが現状です。ディーラー整備に納得がいかない そんな場合 一度 当社にご相談ください。
長年の知識 積み上げてきた技術 最新のコンピューター診断機 に より お客様 本意 の 車検整備 を 提供します。
ディーラーでは取り扱われ無い 並行輸入パーツ 社外パーツ も ご用意いたします。当社は お客様の持ち込みパーツ部品もOKです。
中古部品 や リビルド部品 リンク品 を 使用し 少しでも リーズナブル な 車検整備・修理 と 考えています。

車検切れ 不動車 の 引き取りも お任せください。当社 セフティーローダー(2台体制)にて 引き取りに参ります。

ボルボ(Volvo)
スウェーデン発祥の自動車ブランドです。乗用車部門が資本譲渡されたことにより 現在は大きく以下の2系列に分かれています。商用車部門を手掛けるABボルボ 及び同社を中心とするコングロマリット。乗用車部門を手掛けるボルボ・カー・コーポレーション。フォード・モーターに譲渡後 現在は浙江吉利控股集団傘下になっていますね。ボルボ・カー・コーポレーション(Volvo Car Corporation)通称ボルボ・カーズ(Volvo Cars)中国・浙江吉利控股集団の傘下にあるスウェーデンの自動車会社です。スウェーデンのイエーテボリに本社と工場があります。ボルボ・カーズの前身は、ボルボ・グループ いわゆるトラック部門や船舶エンジン部門で構成されるコングロマリット の乗用車部門ですね。
高い安全性能に定評がある自動車メーカーとして知られていますね。また 近年では洗練されたデザインと質感の高いインテリアを備えていることから 日本でも人気があります。さらにボルボ XC60が2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、XC40が2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

ボルボを選ぶ理由として(メーカーより)
ライフスタイルをシンプルに
A地点からB地点へ、目的地に向かう新しい方法をボルボは提案します。必要なときにお望みのスタイルで。複雑さはどこにもありません。
未来へと続く道最新のボルボは
全車が電動パワートレーンを搭載しています。つまり、ボルボ車を選ぶことは、日々、環境負荷の軽減に貢献することを意味するのです。
大切なものを守る力安全性は
ボルボがもっとも大切にしている核心です。あなた自身とあなたの大切な人、そして周囲のすべての人を守る力を求め、ボルボは進み続けます。

安全性の追求
「ボルボ設計の基本は常に安全でなければならない」という理念の基 安全装備の開発 事故調査の実施と設計へのフィードバックを行う企業方針と 北欧メーカーであるためヘラジカとの衝突を開発段階から考慮しムーステストを実施することから「世界一安全なファミリーカー」と評価されていますね。また 各種安全装備に関して特許の公開を行い 自動車の安全性に貢献してきました。例えば 1959年にボルボは3点式シートベルトを発明して特許を取得するも 安全は独占されるべきものではないという考えからこの特許を無償で公開した事は有名な話ですね。このおかげで 3点式シートベルトは全世界の自動車に付いている装置となりました。さらなる安全を目指して 2020年以降すべての車種で スピードリミッターにより最高速度が180km/hに制限されました。

「空飛ぶレンガ」の異名を持つボルボ! レースで破竹の快進撃を続けた「240T伝説」
1960年代から賑わいを見せていたヨーロッパ・ツーリングカー選手権(ETC)では、1983年にデビューし、翌1984年のシーズン後半にトップコンテンダーへと成長したボルボ240Tが大活躍。1985年シーズンにはライバルを圧倒しました。地元アンデルストープで開催されたシリーズ第4戦で1-2フィニッシュを飾ると続くブルノ、ツェルトベク、ザルツブルグ、ニュルブルクリンクと5連勝。スパ24時間では2台のBMW 635CSiに先んじられ、続くシルバーストンのTTレースではやはり2台のローバー・ビテスに先行を許して、2戦連続で3位に甘んじたものの、ゾルダーとエストリルでも連勝。最終的に都合7勝を挙げてシリーズチャンピオンに輝いています。
グループAレースでBMWらと善戦
当時のETCは、1983年から本格的に運用が始まったグループAによるレースで、メーカーのワークスチームやワークスマシンを貸与されたサテライトチームがしのぎを削るレベルの高いシリーズとなっていました。そんなETCでは世界で最も美しいクーペと評された流麗なスタイルのBMW 635CSiや、ファストバックのシルエットが映える5ドアハッチバックのローバー・ビテスが敵対していたのです。
その現場で大柄でちょっと武骨な箱形ボディのボルボ240Tが勝ってゆくのが印象的で、Flying Brick(フライング・ブリック=空飛ぶレンガ)のニックネームが与えられることになりました。
日本国内でも同年、富士スピードウェイで開催された全日本ツーリングカー選手権(JTC)の最終戦、インターTECに2台が遠征してきたボルボ・ワークス(正確にはワークス格のエッゲンバーガー)の240T。公式予選で楽々ポールを奪うと、決勝でもスタートから後続をみるみる引き離していき、レースを席巻していました。その印象から国内でも「ボルボ=空飛ぶレンガ」のイメージが定着することになったのです。


240 240エステート 740エステート 760 850 850エステート 940 940エステート 960 960エステート C30 C70 C70カブリオレ S40 S60 S70 S80 S90 V40 V40クロスカントリー V50 V60 V60クロスカントリー V70 V90 V90クロスカントリー XC40 XC60 XC70 XC90 アマゾンクーペ アマゾンセダン

ボルボ 車検整備・修理栃木県小山市より
茨城県全域をカバー致します。北茨城市 高萩市 日立市 常陸太田市 大子町 城里町 那珂市 東海村 小美玉市 常陸大宮市 水戸市 ひたちなか市 境町笠間市 大洗町 茨城町 鉾田市 行方市 鹿島市 潮来市 神栖市 桜川市 筑西市 結城市 下妻市 常総市 八千代町 坂東市 古河市 五霞町 石岡市 かすみがうら市 土浦市 つくば市 美浦村 阿見町 稲敷市 牛久市 龍ヶ崎市 河内町 利根町 守谷市 取手市 つくばみらい市
栃木県 小山市野木町 足利市 佐野市 栃木市 下野市茂木町 益子町 真岡市 上三川町 壬生町市貝町 芳賀町 宇都宮市 那須烏山市鹿沼市 高根沢町 那珂町 さくら市矢板市 塩谷町 日光市 大田原市 那須町 那須塩原市 下都賀郡

無料のご相談はこちらから
お気軽にお問い合わせください。

  フロントを担当しております 専務 の 中島 孝展 です。


お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-49-0298
で受け付けております。


ネットからのお問合わせはhttps://www.goo-net.com/pit/shop/0402757/top

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

輸入車・国産車 車検・法定点検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!